人工甘味料

人工的に作られた、天然に存在しない甘味料のこと。1900年代初頭に初めて開発され、代表的なものにアスパルテーム、スクラロース、サッカリン、アセスルファムカリウムがある。これらはショ糖の数百倍の甘さがあり、生理的熱量(カロリー)がゼロか極めて低い。人工甘味料とは – コトバンク

「人工甘味料なら太らない」は甘い?
人工甘味料の「身体破壊の威力」がまたも明らかに : 低カロリーある
カロリーゼロでも太る「人工甘味料」入り商品 “腸内細菌を破壊”という
人工甘味料、甘く見ると砂糖より怖い?|旅行・レジャー|NIKKEI S
「ゼロ」カロリーなのに太る?!日本で知られていない、まさかのカラクリ
恐怖の人工甘味料、人体と生態系を破壊 発がん性物質生成、アレルギー発症の恐れ

 

甘みを感じるものの吸収されないためカロリーゼロで健康にいいイメージを醸している人工甘味料ですが、研究では腸内細菌叢を壊すことが分かっており、吸収されないから血糖値は上がらないと主張する方もいますが、実際には血糖値が上昇して糖尿病になるリスクが上がることが指摘されています。


私の個人体験で恐縮ですが、むかし炭酸飲料をよく飲んでいた時期があり、ある日健康を考えてカロリーゼロの商品に変えたところ、ほどなくして人生初の「お腹が出る」という経験をしました。
それをきっかけに人工甘味料について調べ、原材料に人工甘味料が記載されているものは摂らないようにしています。
人工甘味料だけでなく、砂糖などの糖分が含まれた清涼飲料水も飲まなくなり、現在では(果物や穀類などで炭水化物自体はたくさん摂ってますが)腹筋がしっかりと6つに割れております。
ですので、私自身は人工甘味料がよくないというのを身をもって感じています。

・アセスルファムカリウム(アセスルファムK)

・スクラロース

・ネオテーム

・アスパルテーム(L-フェニルアラニン化合物)
※アスパルテームを使用した食品や添加物には「L-フェニルアラニン化合物である旨又はこれを含む旨の表示」義務がある。フェニルケトン尿症患者に悪影響を与える恐れがあるため。

 

人工甘味料は安くで大量に作ることができるため、現在では多くの食品や飲料に使われていますが、原材料欄を見て上記の人工甘味料の表記があったら注意しましょう。

果糖ブドウ糖液糖や異性化糖も体にはあまりよくないようです。

ステビアに関しては、安全な天然由来の甘味料だと考えられているようです。

 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です