オートファジー

オートファジー (Autophagy) は、細胞が持っている、細胞内のタンパク質を分解するための仕組みの一つ。自食(じしょく)とも呼ばれる。酵母からヒトにいたるまでの真核生物に見られる機構であり、細胞内での異常なタンパク質の蓄積を防いだり、過剰にタンパク質合成したときや栄養環境が悪化したときにタンパク質のリサイクルを行ったり、細胞質内に侵入した病原微生物を排除することで生体の恒常性維持に関与している。このほか、個体発生の過程でのプログラム細胞死や、ハンチントン病などの疾患の発生、細胞のがん化抑制にも関与することが知られている。 オートファジー – Wikipedia

オートファジーが始まる仕組みが構造から見えてきた — SPring-8 Web Site

細胞が自分を食べる「オートファジー」。病気にも深くかかわる生命現象の謎 …

飢餓により誘導されるオートファジーに伴う“細胞内”アミロイドの増加を発見 …

2016年に東工大の大隅良典栄誉教授がノーベル医学生理学賞を受賞したことで注目を集めたオートファジーは、酵母や植物、動物など、すべての真核生物に備わっている細胞内の浄化・リサイクルシステムであると言われています。

飢餓状態になったとき、膜でできた小さな袋が集まって出来た大きな袋(オートファゴソーム)がへこみ分解する物質を閉じ込めます。そこにリソソームという分解酵素のはいった器官が融合して物質が分解されます。
この時に、細胞の新陳代謝と細胞にとって不要あるいは有害な物質(細胞内の変性タンパク質や不良ミトコンドリア、さらには細胞内に侵入した病原性細菌など)を分解して浄化することが出来るとされています。

8時間でオートファジーが始まると書かれているサイトもあれば、16時間以上の絶食状態で始まるという情報もあり、オートファジーが始まる飢餓状態の時間がはっきりしていませんが、8時間だとただの空腹で「飢餓状態」とは言えないと思うので、私個人としては16時間以上なのかな、と思っております。この16時間には睡眠中も含めることが出来、夕方から翌日の昼頃までの16時間でもOKのようです。
※オートファジーの始まる飢餓状態とは、TORC1という酵素の活性が低下し、Atg13というタンパク質からリン酸が外れることを指すようです。

断食

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です