ブルーベリー

ブルーベリー(英: blueberry)は、ツツジ科スノキ属シアノコカス節に分類される北アメリカ原産の落葉低木果樹の総称である。ブルーベリー – Wikipedia

一般社団法人 日本ブルーベリー協会
ブルーベリーに関する情報サイト ブルーベリー学園

ブルーベリーに含まれる主な栄養素
β-カロテン
ビタミンC
ビタミンE
ビタミンK
マンガン
食物繊維

ブルーベリーに含まれるファイトケミカル(ポリフェノール)
フラボノイド(色素)のアントシアニン

健康にいいといわれる果物の中でも特に人気のブルーベリー、目に良いと言われていますが、裏付けとなるはっきりとしたデータはまだないようです。

食物繊維はバナナの約2.5倍、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の両方が含まれています。

ブルーベリーに含まれるポリフェノールのアントシアニンには強力な抗酸化作用があり、活性酸素の抑制のほか、肝機能改善、毛細血管保護、血小板凝固の抑制、動脈硬化などが期待されています。

なお、冷凍したほうがアントシアニンやビタミンCなどの栄養価が高くなるというデータもあるようです。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です