ブロッコリー

ブロッコリー)は、アブラナ科アブラナ属の緑黄色野菜。花を食用とするキャベツの一種がイタリアで品種改良され現在の姿になったとされる。ブロッコリー – Wikipedia

[ブロッコリー]選び方とおいしく食べるための保存方法|カゴメ株式会社
ブロッコリーの栄養と効能 | 解決野菜 -野菜を知る・食べる・頼る-
スーパー野菜のひとつ「ブロッコリー」の栄養を活かしきる最強の料理法が発見される

ビタミンB、ビタミンC、ビタミンK.カロテンや鉄分を豊富に含む。ビタミンCのグラム当たりの含有量はレモンよりも多い。
ブロッコリーに含まれるファイトケミカルのスルフォラファンには、がん予防効果、ピロリ菌抑制効果があるとされている。

つぼみよりも茎の方が栄養価が高い。
熱によって失われる栄養も多いため、サラダにして食べるのがおすすめ。
スルフォラファンはブロッコリーが傷ついたときに増えるため、細かく刻んでから90分放置しておくと2.8倍に増えたというデータがあるようです。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です