チョコレート

チョコレートは、カカオの種子を発酵・焙煎したカカオマスを主原料とし、これに砂糖、ココアバター、粉乳などを混ぜて練り固めた食品である。チョコレート – Wikipedia

チョコレートと健康効果に関するレポート|みんなの健康チョコライフ – 明治
チョコっと健康にいい? 血圧低下や認知症予防期待|ヘルスUP|NIKKEI …
チョコで老化を防ぐには1日どれだけ食べるのが正解? | パレオな男

昔は食べすぎると「鼻血が出る」「ニキビができる」と言われたチョコレートですが、近年では研究がすすみ、様々な健康効果があると言われています。

最も注目すべき成分はカカオポリフェノールで、特にカカオが70%以上のチョコレートを1日25g程度食べ続けることによって、血管内部の炎症を抑え高血圧を予防したり、LDLコレステロールを抑制して動脈硬化を予防することがわかっています。

ポリフェノールの効果が、チョコレートに含まれる砂糖や脂肪分によるデメリットを上回るのがカカオ70%以上のようで、カカオの割合が低いミルクチョコレートや、カカオポリフェノールがほとんど含まれないホワイトチョコレートなどは食べても健康効果が期待出来ません。

なお、チョコレートは高カロリーですので、食べすぎには注意しましょう。

カカオポリフェノールの効果は、ココアを飲むことによっても期待できるようです。

※犬や猫はチョコレートに含まれるテオプロミンが代謝出来ずに中毒をおこしてしまうため、飼っている方は与えないように注意が必要です。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です