にんにく

ニンニクはヒガンバナ科ネギ属の多年草。香りが強く、強壮・スタミナ増進作用があると信じられているため、球根(鱗茎)を香辛料などとして食用にするほか、茎も「ニンニクの芽」と呼ばれて野菜として調理される。ニンニク – Wikipedia

肉の臭みを消し、料理に食欲をそそる香味を付与する。香味野菜の代名詞的存在であり、中国料理、韓国料理、イタリア料理、フランス料理など様々な料理に用いられる。皮をむいたニンニクの球根を乾燥させ、粉末状にした「ガーリックパウダー」もある。

にんにくの成分と栄養素について解説! | にんにく大辞典
臭い成分には驚きの効能が!にんにくの栄養と効能 | 食の知識 | オリーブ …
ニンニクの驚くべき効能!疲労回復や生活習慣病改善にも効果あり …

ニンニクにはタンパク質、糖質、ビタミンB1・B2・C、ナイアシン、カルシウム、リン、カリウム、鉄などのほか、セレンやゲルマニウムなども含まれる。

アリインとアリナーゼが反応してできるアリシンには、糖質の分解を促し(ビタミンB1の効果を高める)、殺菌作用、抗がん作用(結腸がん・直腸がん)、血栓防止作用、スタミナ増強作用、解毒作用など多くの作用があることが分かっている。

アリシンが加熱されることによって出来るスコルジニン(無臭)には、酸化還元作用のほか疲労回復や滋養強壮、食欲増進の効果があるとされる。

作用が強いので、胃腸の弱いかたは食べ過ぎに注意。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です