免疫力

免疫(めんえき、immunity)というのは実体的な言葉で、感染、病気、あるいは望まれない侵入生物を回避するために十分な生物的防御力を持っている状態を指す。免疫には特異的な要素をもつものと、非特異的な要素をもつものがある。非特異的要素は障壁として働いたり、抗原特異性に拘わらず、広い範囲の微生物を排除する働きをもつ。免疫系のもう一つの種類の要素は、遭遇した新しい病気各々にそれら要素を適応させて病原体特異的な免疫を生じることができるようにする。免疫 (医学) – Wikipedia

 

Wikiで調べるとなにやら難しいですが、
簡単に説明すると「免疫」とは、体内で日々発生するがん細胞や、細菌やウイルス、微生物などの異物から身体を守りしくみのことで、血液成分の白血球が免疫を担っています。

白血球には顆粒球・リンパ球・単球の3種類があり、
さらに役割によって顆粒球は好中球・好酸球・好塩基球、
リンパ球はB細胞・T細胞(さらにヘルパーT細胞・キラーT細胞・サプレッサーT細胞に分かれる)・NK細胞、
単球はマクロファージと樹状細胞にわかれます。

 

 

現在作成中・・・


免疫力を高める特効法101―病気にならない!治る力をつける!

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です