気象病

気象病(きしょうびょう、英: meteoropathy)は、近年認知されつつある病名で、気象の変化によって症状が出現する、あるいは悪化する疾患の総称。症状は「天気が悪いと古傷がうずく」といった天気痛のほか、メニエール病、喘息、めまい症、うつ病、頭痛、腰痛、肩こり、神経痛、関節炎、リウマチ、蕁麻疹、吐き気など様々である。心臓発作や脳卒中のきっかけになり、生命にかかわる場合もある。 気象病 – Wikipedia

気象病…気圧低下自律神経に乱れ、両耳のマッサージ有効 : yomiDr. / ヨミ …

「低気圧」で体調不良を起こしやすい人の特徴 | 天気・天候 | 東洋経済 …

梅雨特有の病”気象病”を軽減する方法とは(ウェザーニュース) – Yahoo …

 

耳は、外界から鼓膜までの外耳、鼓膜とその奥(内側)にある鼓室ならびに鼓室と鼻腔を結ぶ耳管である中耳、その奥にある蝸牛、前庭、三半規管(半規管)の3つの部分に分けられる内耳があります。

このいちばん奥の内耳は聴覚や平衡感覚をなどを感知する器官であり、内耳が気圧の変化に敏感に反応してしまうことによって、頭痛やめまい、ぜんそく、関節痛や神経痛などの体調不良を引き起こすようです。

 

気象病での症状には、めまい薬や酔い止め薬が効く場合があるようです。

現在作成中・・・

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です