納豆

納豆(なっとう)は、大豆を納豆菌によって発酵させた日本の発酵食品。各種が存在するが、現在では一般的に「糸引き納豆」を指す。納豆 – Wikipedia

もう一度知っておきたい、「奇跡の食品・納豆」その驚きの効果(週刊現代 …

 

納豆にはたんぱく質や食物繊維、ビタミンKなどが豊富で、抗菌作用があり、血栓を溶かす作用のあるナットウキナーゼという酵素が含まれています。

ほかには、細胞膜や生体膜などを形成するリン脂質の一種であるレシチン、ポリフェノールであり女性ホルモンに構造が似ているイソフラボン、抗酸化作用のある大豆サポニン、

よく混ぜるほどポリグルタミン酸の鎖がほどけグルタミン酸が増えるため、おいしくなります。

ナットウキナーゼは50度以上になると活性が失われてしまうため、ご飯にのせるなど熱いものと一緒に食べる場合は、ある程度冷ましてからがよいようです。

なお、ワーファリン(抗凝固剤)を飲んでいる方は、納豆に含まれるビタミンKと拮抗して効果が減弱してしまうため、納豆を食べてはいけません。
納豆 | くすりと食品の相互作用 | くすりの適正使用協議会

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です