オーソモレキュラー/分子整合栄養医学

オーソモレキュラー療法(オーソモレキュラーりょうほう、Orthomolecular medicine)またはオーソモレキュラー医学とは、栄養を補うことを通して健康を維持するための補完代替医療である。ホメオスタシスを維持する点で栄養摂取が一般に不十分であるという(現在なされている科学的な合意 と衝突する)主張である。

オーソモレキュラー(Orthomolecular )という単語はライナス・ポーリングによって作られた。 その意味は、「正しい量の正しい分子」(“the right molecules in the right amounts” )である。 従って、オーソモレキュラー療法は、個人に対して正しい量の正しい栄養分子の使用に焦点を当てている。
オーソモレキュラー療法 – Wikipedia

wikiの記述だと分かりづらいですが、オーソモレキュラー療法は2度のノーベル賞を受賞(化学賞と平和賞)しメガビタミン主義で有名なライナス・ポーリング博士の唱えた説で、「体内分子(栄養素)の過不足を判断し、本来あるべき正常な状態に整えることによって自然治癒力を高め、病態改善を図る」という考え方のようです。

分子整合栄養医学協会

実は医師も知らない栄養のメカニズム「分子整合栄養医学 …

現在作成中。。。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です