ファイトケミカル

ファイトケミカルまたはフィトケミカル(英: phytochemical)は、植物中に存在する化合物であるとされる。直訳すると植物性化学物質となり、化学的には毒物などすべてを含む植物中の化学物質全般を指すが。一般的には「通常の身体機能維持には必要とされないが、健康によい影響を与えるかもしれない植物由来の化合物」を意味する用語として使用されている。このため、植物栄養素(しょくぶつえいようそ、英: phytonutrient)とも呼ばれる。ファイトケミカル – Wikipedia

 

●分類●

・ポリフェノール
フラボノイド(色素)のアントシアニンやイソフラボン、カテキン、クロロゲン酸、セサミノール、クルクミンなど。

・有機硫黄化合物
イソチオシアネート類のスルフォラファンや、アリシンなど。

・テルペノイド
カロテノイド類(色素)のルテインやリコペン、アスタキサンチンなど。

・糖関連化合物
β-グルカン、サポニンなど。

・長鎖アルキルフェノール誘導体(辛味成分)
カプサイシン、ギンゲロールなど。

 

ファイトケミカル、老化・がん予防に効果