赤ワイン

赤ワインもしくは赤葡萄酒(あかぶどうしゅ)は、黒色のブドウ品種から作るワインの種類である。ワインの色は、若いワインに典型的な強い紫色から熟したワインの赤れんが色、さらに古いものの茶色まで様々である。

紫色のブドウの果汁の多くは緑がかった白色であり、赤色は果皮に存在するアントシアニン色素に由来する。赤ワイン – Wikipedia

赤ワインで脂肪燃焼!?ポリフェノールの一種レスベラトロール…
赤ワインポリフェノールで健康と疾病予防 | 大和薬品株式会社

フランス人は相対的に喫煙率が高く、飽和脂肪酸が豊富に含まれる食事を摂取しているにもかかわらず、冠状動脈性心臓病に罹患することが比較的少ないことから「フレンチパラドックス」と言われていました。
その心臓疾患の発生率を減少させるのが赤ワインではないかと考えられています。

赤ワインにはタンニンやアントシアニンなど多くのポリフェノールが含まれており、特にレスベラトロールというポリフェノールは長寿遺伝子とも呼ばれるサーチュイン遺伝子を活性化させると言われています。

赤ワインのポリフェノール 健康的な摂取には料理への使用を

体にいいポリフェノールが多く含まれているといっても、アルコールですので飲みすぎは禁物。

アルコールの苦手な方は、赤ワインを煮詰めてアルコールを飛ばしたものを飲んだり、料理に使うといいかと思います。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です