サツマイモ

 

サツマイモ(薩摩芋)は、ヒルガオ科サツマイモ属の植物。あるいはその食用部分である塊根(養分を蓄えている肥大した根)。この和名は、琉球(現・沖縄県)を経て薩摩国(現・鹿児島県)に伝わったことに由来する。

デンプンが豊富で、エネルギー源として適している。また、ビタミンCや食物繊維を多く含み、加熱してもビタミンCが壊れにくいという特長がある。しかし、タンパク質の割合が低いなどの理由で、サツマイモばかり食べていると、カロリーベースでは身体を支えることができても、栄養失調(特にタンパク質の欠乏)に陥るという欠点も併せ持っている。サツマイモ – Wikipedia

老化予防と便秘解消の強い味方!?さつまいもの栄養と効能 | 食の知識 …
さつまいもの栄養と効果効能!食べすぎは太る?茹で方・茹で時間・アク抜き …
さつまいもの栄養と効果について|良好倶楽部
食物繊維だけじゃないさつまいもの栄養。美肌作りに嬉しい効果も …

サツマイモは、炭水化物(デンプン)が多く脂質やたんぱく質が少ない食材です。ビタミンB1、ビタミンC、ビタミンEやカリウム、食物繊維も豊富に含まれています。特にサツマイモに含まれるビタミンCはデンプンに守られているため熱に強いのが特徴です。

サツマイモにはヤラピン(切り口から出る白い液体)というサツマイモにしかない成分を含み、この成分が腸の蠕動運動を促進するため、食物繊維と相まって便秘に効果的だと考えられます。腸の活動が活発になるためガスが出やすくなりますが、アンモニアが少なくあまり臭くはなりません。

赤紫色の皮にはポリフェノールのアントシアニンが含まれるので、皮ごと食べるようにしましょう。

サツマイモに含まれるポリフェノール
アントシアニン
クロロゲン酸

 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です